お知らせ

災害ボランティア活動情報

更新日付:令和2年7月13日

 

令和2年7月豪雨による災害ボランティア情報

 令和2年7月3日から降り続いた大雨により、幅広い地域で人的被害をはじめ、家屋への浸水など甚大な被害が発生しています。

 被災地支援・災害ボランティア関係情報は以下サイトをご参考ください。

  全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

  (文字をクリックしてください。別ウインドウが開きます)

  2020(令和2)年7月豪雨 特設ページ

  (文字をクリックしてください。別ウインドウが開きます)

★現地の状況は日々変化します。必ず最新の情報をご確認ください。

 現在設置している災害ボランティアセンターのいずれも、ボランティアの募集範囲を当該県内・市町村内に限って募集しています。また、当日受付時の混雑を避けるため、事前登録による完全予約で活動への協力を依頼している所があります。

 ご協力をよろしくお願いいたします。

 

※ボランティア活動を考えている皆さんへ

  ~被災地の状況や情報をよく確認のうえ参加するようにしてください~

 災害ボランティア活動は、個人個人の自由な意思に基づいた活動であることが原則です。

 しかし、新型コロナウイルス感染が懸念されている現在の状況下では、災害ボランティア活動を進めることで、感染を広めてしまう恐れがあります。とくに今回の被災地域は、人口に占める高齢者の割合も高く、感染の広がりが被災地の住民の命を脅かす事態を生じさせかねません。

 そのため、今回の災害における今後のボランティア活動については、県及び被災市町村の意向をふまえ、被災地の状況や情報をよく確認のうえ参加するようにしてください。

 

平成30年台風21号による災害ボランティア活動報告

 本会が実施した被災された方への支援活動は、中央共同募金会が実施する赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」の助成を受けて実施しました。皆様のご支援に厚くお礼申し上げます。

「ボラサポ」と「のサポートを受けています」の回転(助成決定団体用)

 

  平成30年に近畿地方を襲った台風21号による強風で、泉南市全域に停電や断水、家屋の損傷・倒木等が発生し、地域住民は大きな被害を受けました。停電は長い地域で復旧までに1週間ほどかかり、食料の確保や調理などもままならない状態でした。そのため、地域のボランティアの協力によるおにぎり炊き出しを3日間の実施や高層住宅での給水ボランティアの派遣を行いました。

IMG_1948-1

 また、地域の民生委員児童委員や地区福祉委員会委員長等から倒木・飛来したがれきや瓦等の片付けの支援が必要との声を受け、本会が通常実施しているボランティアセンター体制にて、高齢者・障害者世帯を対象に広くボランティアのご協力を呼びかけ、集まってくださったボランティアを派遣し、がれきの片付け等の支援を行いました。

IMG_2069-1 IMG_2116-1

 泉南市は今まで大きな自然災害に見舞われたことがなく、今回の台風で初めて災害支援の体制をとりました。今回の災害で、地域でのたすけあいを行っていくことの重要性を考える大きなきっかけとなりました。今回の支援の経験を生かし、今後もたすけあいの気持ちを市内全域に広げていきたいと考えています。

 

ボランティア保険について

ボランティア保険は泉南市社会福祉協議会で加入可能です。

保険内容については以下のサイトをご覧ください

ボランティア保険のご案内(大阪府社会福祉協議会)

 (文字をクリックしてください。別ウインドウが開きます。)

 

※ボランティア保険の加入の際に、「氏名」「住所」「電話番号」が必要になります。複数名で加入をお考えの方は、あらかじめ加入される人の情報もお調べになった上で、お越しください。

※地震被災地へ向かう際には天災危険補償特約がセットされているCプラン(保険料:600円)に加入されることをお勧めします。

  • 泉南市社会福祉協議会
  • 泉南市ボランティアセンター
  • リンク
  • 採用情報
このページのトップへ